2013 05 24 0853

画面の端にフォルダを畳んでタブ化し、クリックするとポップアップするウィンドウを表示できる「ポップアップウインドウ」というMac用のソフトを試してみました!

古くからMacを使っている人であれば、かつて同様の機能がMac OSに搭載されていたのを覚えておられるでしょうか。

個人的には、けっこう好きな機能でした。ま、Dockにフォルダを登録すれば、それはそれでいいんですけどね。懐かしくて試してみました。

使い方は簡単で、アプリをダウンロードしたら起動します。基本はそれだけでOKです。後は、ポップアップウィンドウ化したいフォルダを、デスクトップの端にドラッグしてやればOKです。

こんな具合です。

Dfb768e87c5f0d762e4050158e1e2255be87e19b

タブをクリックすると、内容が展開されます。フォルダの方でファイル削除などすれば、それはタブの方にも反映されます。

2013 05 24 0853 1

これは普段のタブの状態です。無料版だと1個だけ作れます。

2013 05 24 0853 2

タブ自体をなくしたい時は、右クリックでコンテクストメニューが表示されます。コンテクストメニューでは、表示順序なども調整可能です。

2013 05 24 0854

環境設定です。メニューバーからアクセスします。

2013 05 24 0854 1

ポップアップウィンドウのもろもろも調整可能です。

2013 05 24 0855

キーボードショートカットも割り当てることができます。

2013 05 24 0855 1

タブ化できるウィンドウ端を設定できます。

基本的には、こうした常駐系のアプリはインストールしないようにしているのですが、頻繁に開く作業フォルダには便利そうなので、しばらく試してみたいと思います。

有料版では複数のフォルダをタブ化することが可能です。

ポップアップウインドウ 無料ダウンロード App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料

ポップアップウインドウ App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥850

(via 新し物好きのダウンロード