Vmware 18 56 09

Macの「VMware Fusion」にWindows仮想環境を作成することができたので、続いて「弥生の青色申告」をインストールしてみることにします。

基本的には、Windowsにアプリケーションソフトをインストールする、という手順で良いはずですが、果たして?

Vmware 19 04 36

Windows版「弥生の青色申告」のインストールディスクを挿入したら、こんなダイアログが表示されました。

2011 10 28 1233

「Autorun.exeの実行」をクリックすると、インストールが始まります。

Vmware 19 04 44

インストーラーが起動!

Vmware 19 05 18

「青色申告のインストール」をクリックして、セットアップに進みます。

Vmware 19 08 41

ここからは特に難しいことはありません。普通に、アプリケーションソフトをインストールしていく手順です。

Vmware 19 21 16

インストールが完了すると、デスクトップにアイコンが現れます。ダブルクリックでソフトが起動します。

Vmware 19 23 12

後は製品登録番号などを入力し、ソフトを利用することができるようになります。

Vmware 19 30 34

無事に「弥生の青色申告」が起動しました!!

Vmware 19 30 50

全画面表示にすれば、Macのアプリケーションソフトの一つとして動いているようにも見えますね。

以上、無事にMacにWindows仮想環境を作成し「弥生の青色申告」をインストール・動かすことに成功しました。ここからは、経理担当のワイフにバトンタッチです。

やったことは次の通りです。

1. 「VMware Fusion」をインストール
2. Windowsをインストール
3. 「弥生の青色申告」をインストール

3つのソフトをインストールしたことになります。難しく感じるかもしれませんが、実際には複雑な手順はありませんでした。

Macで「弥生会計」「弥生の青色申告」など、Windowsならではのソフトを動かしたい方はチャレンジしてみてください!