2011-05-24_1217.png

Windows OSなしでWindows用アプリケーションソフトを動作させることができる、Mac用互換レイヤーソフト「CrossOver Mac 10」の販売が開始しています。

ネットジャパン、Mac用互換レイヤーソフト「CrossOver Mac 10」の販売を開始という記事になっていました。

ネットジャパンは5月23日、Mac OS用互換レイヤーソフト「CrossOver Mac 10」の取り扱いを発表、本日よりダウンロード販売を開始した。

「CrossOver Mac 10 Standard」「CrossOver Mac Games 10」があり、それぞれダウンロード販売では5,880円です。

パッケージ版は2011年6月9日より発売開始で(Standard版のみ)、こちらは価格は6,825円になります。

MacでWindowsアプリケーションソフトをゴリゴリ動かすには「
Parallels Desktop」や「VMware Fusion」の方が良いと思いますが「CrossOver Mac」にはOS要らずという手軽さがあります。

サイトには次のように説明されています。

製品の性質上Windows OSは必要ありませんので、Windowsを購入するためのコストもかかりません。さらに互換レイヤーを使用していますので、オーバーヘッドが少なく動作が軽いのも特長です。 CrossOver Macを使えば、Microsoft Office(Word、Excel、PowerPoint、Outlook)、Internet Explorer、一太郎、IBM ホームページビルダーなどのWindowsソフトがMac上でシームレスに動作します。

繰り返しになりますが、Windows OSを使わずに、Mac上でWindowsのアプリケーションソフトが動く、ということです。対応ソフトはコチラコチラなどで確認してください。

CrossOver Mac 10 Standard

B0051C50AW