2010-06-09_1104.png

リリースされたばかりの「Safari 5」に「SafariStand」が早速、対応してくれました。ありがたいことです。

「これがあるからSafariを超快適に使えている」と言っても過言ではない「SafariStand」のスピーディーな対応は本当にありがたいです。

個人的に愛用していた、

・最後に開いていたタブのリストア
・ツールバーのアクションメニュー

も、きちんと機能するようになっています。まだ動いていない機能もあるようですが、個人的にはこれで十分です。

ちなみにアクションメニューというのはこういうものです。

2010-06-09_1107.png

タイトルとURLを同時にコピーしたり、リンクタグをコピーしたり、ブログを書いたりする際に欠かせない機能でありました。

さて、実は「SafariStand」の機能としてもう一つ重宝としていたのが、Flashをオフにする機能です。Flashバナーが表示されるだけでもCPU負荷が上がるので、基本的にはオフにしています。

が、最新版の「SafariStand」ではオン/オフの切り替えができなくなっていたので、代わりにコチラのエントリーのコメントで教えてもらった「Flashless」を試してみました。

こちらはFlashのロードをブロックするのと、YouTubeの動画再生をQuickTimeにするなどしてくれます。

インストールも簡単です。

2010-06-09_1057.png

ダウンロードしたプラグインを、所定のフォルダにドラッグ&ドロップするだけです。

これで例えばFlashのある場所が‥‥

2010-06-09_1111.png

こんな表示になります。見たい場合はクリックすればOKです。

YouTubeの動画は、このような感じで再生されます。

2010-06-09_1115.png

独自のプレイヤーになっていますね。これだと、Flash程にはCPU負荷は高まらないようです。

■関連エントリー

「SafariStand」簡単レビュー
「SafariStand」で開いていたタブを回復する
Safariでアドレスバーから検索する方法
「SIMBL(Smart InputManager Bundle Loader)」の仕組み