2010-04-09_1257.png

画像、リンク、音楽、ビデオなどのファイルをメニューバーにドラッグし、自動的にコピーされたリンクをペーストするだけでファイル共有が完了する「CloudApp」というMac用ソフトがありました。

試しに使ってみたレポートをお届けします!

まずはユーザ登録します。

2010-04-09_1302.png

メールが届くので、リンクをクリックしてアカウントを有効にすればユーザ登録は完了です。

2010-04-09_1305.png

↑ログイン後の画面です。右上の「Tools」からアプリケーション、プラグインをダウンロードすることができます。

2010-04-09_1308.png

↑ダウンロードの画面です。「CloudApp Mona Lisa (1.0.1)」をダウンロードします(Mac OS X 10.5以降に対応)。

2010-04-09_1311.png

アプリケーションソフトを起動すると、メニューバーに雲のアイコンが現れます。これが「CloudApp」です。

2010-04-09_1316.png

雲アイコンをクリックして表示されるプルダウンメニューから「Preferences」を開いて設定します。

2010-04-09_1344.png

マシンの起動時に「CloudApp」を起動するか、アップロード完了時にGrowlと音で通知するか、といった設定が可能です。

「Hotkey」を設定しておくと「Raindrops(プラグイン)」の機能を利用できるようですが、ぼくの環境ではホットキーの設定がうまくいきませんでした。

2010-04-09_1345.png

「Account」からID/PWを設定すれば、利用開始です。

使い方ですが、アップロード→共有したいファイルを、メニューバーの雲アイコンにドラッグ&ドロップするだけです。

2010-04-09_1355.png

これでアップロードが開始し、終了するとクリップボードにURLが自動的にコピーされているので、それをツイッターなどにペーストすれば伝えることができます。

2010-04-09_1401.png

↑アップロードしたファイルは、表示回数と一緒に一覧で表示されますので、閲覧されたかどうか一目で分かります。

アップロードできるファイルサイズは50MBで、アップロードできる数に制限はないようです。

「Autoupload Screenshots」にチェックが入っていると、スクリーンショットの撮影と同時にファイルがアップロードされます。

2010-04-09_1405.png

なお、ファイルの削除はウェブインターフェースから行います。アイコンにマウスオーバーすると「×」が表示されるので、それをクリックします。

手軽にファイルを見せたい、ダウンロードして欲しいといった簡単なファイル共有に便利だと思いました。

ただ、環境に依存するかもしれませんが、ぼくのMacBook Airだと重くて常用できる感じではありませんでした。