2009-10-26_1527.png

Mac OS X用日本語入力プログラム「かわせみ」がリリースされたので早速、試用版をインストールしてみました!

「かわせみ」は、株式会社コーエーよりライセンスを受けた「egbridge Universal 2」をベースに開発されたMac OS X用日本語入力プログラムです。

1ライセンスが1,995円(税込)、3ライセンスのファミリーパックが3,990円(税込)で販売開始されした。30日間の試用版があるので、とりあえずそれをインストールしてみたところです。

インストールの手順はこんな感じでした。

2009-10-26_1529.png

2009-10-26_1529-1.png

2009-10-26_1529-2.png

2009-10-26_1529-3.png

2009-10-26_1530.png

2009-10-26_1531.png

ディスクの空き領域さえあれば、ほとんど時間もかからないでしょう。

システム環境設定の「言語とテキスト」から「かわせみ」がインストールされていることが確認できます。

2009-10-26_1541.png

とりあえず、ぼくは⌘+スペースキーで日本語と英語を切り替えるので、それだけを利用するようにしてみました。

2009-10-26_1542.png

さらに、入力方式を「ローマ字」から「カナ」に変更します。

後は、必ず辞書登録する3つの単語です。

・あ → !
・く → ?
・わらう → (笑)

実は、ぼくはどのパソコンを使っても、この3つしか辞書登録しないのです。なので、環境が変わっても簡単に移行することができます。

もちろん「他社製品から かわせみへの移行」というページも用意されていますので、こちらもぜひご参考に。

ということで、利用開始です。長年に渡る「ことえり」の手癖のようなものがあるので、まだちょっと慣れないところがありますが、なかなか軽快で良さそうな予感がします。

もともと、⌘+スペースで日本語と英語の切り替えをしていると、日本語入力できずに全角英字になってしまうという問題があり、それが解消するかと思って試しているのですが、既に試したトラブル仲間からは「解消せず」という報告が届いています。

が、とりあえず、ぼくのところではまだ問題は発生していないので、しばらく様子を見守りたいと思います。

2009-10-26_1605.png

日本語入力に高機能を求めている人にどうなのかというのは分かりませんが、ぼくのようにシンプルな使い方をしている人には、この「かわせみ」はお勧めかもしれません。

まずは30日間の試用をしてみてはいかがでしょうか。

コチラからダウンロード可能です。

追記:

「ことえり」ではopt+tabで、ひらがな→カタカナ→英数字、といった切り替えをしていたのですが「かわせみ」でもキー割当を編集して「文字種変換5種循環」で対応できるのですが「。」から「>」への切り替えができないみたいですね。これは何かの方法で可能になるのでしょうか。ctl+Lを覚えた方が早いかな。