Mac上でWindows用ソフトを動かせるソフト、安価な新バージョンという記事より。

ネットジャパンは28日、Mac OS X上でWindows用アプリケーションを動作できるソフト「CrossOver Mac 8 Standard」のダウンロード販売を開始した。価格は5880円。パッケージ版は8月20日の発売で、価格は6825円。Mac OS X 10.5.x以上に対応する。

Mac上でWindowsアプリケーションの動作を可能にする「CrossOver Mac」に、ゲームアプリケーションを動作させるための初期設定を切り離したStandard版が登場しました。

「CrossOver Mac 7 Pro」の価格は11,550円だったのですが「CrossOver Mac 8 Standard」はパッケージ版が6,825円、ダウンロード版が5,880円です。

バージョン8では、Internet Explorer 7をサポートしたほか、Microsoft Officeなど既存のサポートアプリがより安定して使えるように改良したという。

MacでWindowsアプリを動かしたいという需要は、ゲームももちろんあるのでしょうが、やはりビジネス用途でのオフィスアプリなどが大きいのでしょうね。

かつてはParallelsを使っていましたが、すっかり起動もしなくなったというか、既にハードディスクの中からいなくなって幾年月。

なお「CrossOver Mac」というのは、Macの中にWindows環境を構築するのではなく、Windows OSを使わずにWinアプリを実行することができるソフトです。ただし、動かないソフトもある、と。

■関連エントリー

「Google Chrome」をMacで動かす「CrossOver Chromium」
「CrossOver Mac 6.1」レビュー記事
Mac上でWindowsアプリを動作させる「Crossover Mac」
「CrossOver Mac 6.0.0」パブリックベータ公開
「CrossOver Mac 6.0英語版」発売
「初音ミク」が「CrossOver Mac」にバンドル
「CrossOver Mac」夏にリリースへ
「CrossOver Mac 6.0 Beta 3」リリース