Appleが映画のようなプレゼンテーションを作成できる「Keynote '09」などを含む「iWork '09」を発表しました。

2009-01-07_0811.png

「Pages '09」の新機能は以下の通りです。

2009-01-07_0814.png

・フルスクリーン表示で書くことに専念
・新しいアウトラインモード
・「Numbers」とアドレスブックから宛先の差し込み
・180種類以上のテンプレート
・MathTypeとEndNoteと連携して数式や参考文献
・Wordファイルを開いたり保存

「Numbers '09」の新機能は以下の通りです。

2009-01-07_0815.png

・数式の作成が簡単に
・数式を一覧できる数式リスト表示
・全体を分かりやすくまとめる表カテゴリ
・2Dグラフのオプションが充実
・PageやKeynoteと連携
・豊富なテンプレート
・Excelファイルをを開いたり保存

「Keynote '09」の新機能は以下の通りです。

2009-01-07_0818.png

・マジックムーブ
・豊富なテーマ
・テキストとオブジェクトのトランジション
・3Dグラフとアニメーショングラフ
・iPhone、iPod touchでコントロール
・iWork.comでプレゼン共有

「Keynote '09」に関しては、iPhone/iPod touchでコントロールしたり、iWork.comというウェブサービスでプレゼンテーションを公開・共有できるのが面白いですね。

iWork '09」の価格はシングルユーザは8,800円です。5台までインストールできるファミリーパックは10,800円です。Apple Storeでは、出荷予定は「1-3営業日」となっています。