「Google Chrome」をMac/Linuxでも動かすことができる「CrossOver Chromium」というソフトがありました。

2008-09-20_0636.png

Featured Download: CrossOver Chromium Ports Chrome to Mac and Linuxというエントリーで知りました。

Linux and Mac OS X only: Enterprising open source developers have beaten Google to the punch and released a Mac and Linux port of Google Chrome's open source code base, Chromium.

Mac上でWindowsアプリを動作させる「Crossover Mac」というソフトがあるのですが、その「Crossover」の技術を利用してWindows版「Google Chrome」をMacでも起動するようにした「CrossOver Chromium」がリリースされています。

Mac OS X版、Linux版があります。どちらのバージョンもGoogleでは「Google Chrome」を開発中ですが、どうしても待てない人は試してみると良いかも。

試しにインストールしてみました。

2008-09-20_0633.png

初回の起動が10分くらいかかりました(もしかすると2回目以降もかかるかも)。

2008-09-20_0644.png

とりあえず動かしてみるという類いのものだと思いますが、すごいというか、面白いというか。ちゃんと起動しました。

なお「Google Chrome」が自動でアップデートしたりはしません。

ちなみに「CrossOver」は「Wine」を利用していますが、WindowsアプリケーションをMacやLinuxで実行できるようにするオープンソースの技術です。

CrossOver Mac 7 Pro

CrossOver Mac 7 Pro

MacでWindowsを使う本

MacでWindowsを使う本