「PlaceEngine」を利用しワイヤレスゲート接続可能エリアを表示し、さらに自動接続する「ワイヤレスゲートコネクション for Mac OS X」というアプリケーションがリリースされました。

_press_2008_wgcm.jpg

ワイヤレスゲートは、

・BBモバイルポイント
・livedoor Wireless
・成田空港Airport
・フレッツ・スポット

の4つの公衆無線LAN接続サービスをひとつのID/PWで利用できる公衆無線LAN接続サービスです。

公衆無線LANサービスの利用の面倒なところに、

・どこにアクセスポイントがあるのか?

ということが挙げられると思うのですが「ワイヤレスゲートコネクション for Mac OS X」はそれを解消してくれます。

提供される機能は、

無線LANへの自動接続・自動ログイン機能だけではなく、PlaceEngineに対応した接続可能エリア検索機能を有します。

というもので、利用に必要なWEPキーとESS-IDを自動入力し、さらに自動接続までしてくれるのですが、便利なのはココ。

インターネットに接続していない場合でも「PlaceEngine」を用いて現在位置の把握し、現在位置を中心に半径300/600m(切替可能)のワイヤレスゲート接続可能エリアを画面表示します

なんと!

ネット接続していない場所でも「PlaceEngine」により現在位置を把握し、最寄りのアクセスポイントを教えてくれるのです!

「EMONSTER」で外出先でのネット接続も便利になりましたが、バッテリーの問題もあります。

アクセスポイントを簡単に調べられるのならば「ワイヤレスゲート」に契約してもいいかな、と思いますね。

月額基本料金210円で299円/日というプランもあるのですが、月額380円で使い放題のヨドバシカメラオリジナルプランが良さそうです(店頭で配布されている8桁のキャンペーンコードが必要)。

個人的には、

今後は、対応端末をMac OSパソコンだけではなく携帯電話“iPhone”や携帯音楽プレイヤー“iPod touch”をはじめとする各種端末にも広げる予定です。

というあたりにも期待したいですね。

これが実現すれば、いちいちMacを開いてエリアを確認しなくとも、iPod touch/iPhoneで手軽にWiFiエリアを探せてしまうのですよ!

■関連エントリー

「PlaceEngine」の仕組みとは?
「MacBook Air x PlaceEngine」を試す
「PlaceEngine for Windows Mobile」を試す
「PlaceEngine for iPod touch」開発中(デモビデオあり)
クウジットで「PlaceEngine x iPod touch」を見せてもらった!
無線LANでラーメン店を検索「x-らーめんRadar」