Mac OS Xで使えるYouTubeの動画アップローダ「Vidnik」がリリースされました。

2008-05-14_1627.png

iSightを使った、いわゆる自分撮りした動画をそのままアップロードすることができるソフトなのですが、既にある動画をアップロードすることも可能です。

2008-05-14_1622.png
起動時の画面


2008-05-14_1624.png

アップロードする前にメニュー「Web」からアカウントを登録しておく必要があります。

あとはアップロードしたい動画をドラッグ&ドロップし、

・タイトル
・タグ
・説明

など必要な情報を入力し、画面左下にある「Upload」をクリックすると‥‥

2008-05-14_1625.png

このように動画がアップロードされます。

アップロードが完了したらYouTubeにアクセスし、自分のビデオを確認すると、アップロードしたビデオがあります。

ウェブからアップロードするよりも、かなり手軽にアップロードすることができるので、MacユーザでYouTubeを愛用している人は試してみると良いかも、です。