Mac OS X用ブログエディタ「MarsEdit 2」のエントリーを書いた際に、いまいち「ecto 3」が自分好みのスタイルにならないとボヤいたのですが、進化しておりました!

ここに訂正させて頂きます。

ecto3_test_2.png

↑のように左側に投稿画面、右側にプレビュー画面を開くことができるようになりました。

書きながら「コマンド+R」でプレビュー画面をアップデートすることができます。つまりプレビューしたい時には「コマンド+R」です。

ecto3_test_1.png

↑投稿画面もデフォルトではカテゴリー選択が左側に表示されるのですが、ズズーッと右側に広げると、右に移動してくれます。

細かいことですが、慣れているスタイルなので非常にありがたいです。欲を言えば「ecto 2」の時のように、プレビュー画面も自動的にアップデートしてくれるとありがたいのですが。

以前は「ステータス」の機能だと思うのですが「Activity Viewer」が追加されました。

ecto3_test_3.png

ecto3_test_31.png

ecto3_test_32.png

サーバからエントリーデータを取得してきたり、ポストしている際の進行状況などを表示してくれます。

あとは大きく変わっているのは、画像のアップロードのところでしょうか。ドラッグ&ドロップでいけるのは相変わらずです。設定もプリセットもできます。

ecto3_test_321.png

ecto3_test_322.png

ただし、

・PNGをアップロードする際のJPEG変換をプリセットできない
・「Scale to」の自動リサイズは良いが元サイズも表示が欲しい
・アップロード時にファイル名+日付を自動挿入

など、非常に細かいところではありますが、改善されると良いな、というポイントがありました。

後は恐らくバグだと思うのですが、漢字変換する際に候補をタブキーで選択できるのですが、タブするとウィンドウを移ってしまうようで、しばしば使うので常用はまだ無理と判断しました(個人的に)。

とはいえ、以前に使った時よりはかなり進化しており、グッと使いやすくなっていることは確かです。

追記:テストにあたってはkwmrさん@いい感じにいろいろご教授頂きました。ありがとうございました!