ネットワーク越しのハードディスクにTimeMachineでバックアップできるようにする「iTimeMachine」というソフトがありました。

 Itimemachine Files Page4 1

通常はローカルで接続しているハードディスクのみがバックアップ対象となるMac OS X LeopardのTimeMachineなのですが、「iTimeMachine」を使用することでネットワーク上にあるハードディスクも利用できるようになるそうです。

Time Machine Over the Network with iTimeMachineというエントリーで紹介されていました。

This simple two-button desktop utility makes your shared network drives show up in Time Machine's possible backup destination list.

ネットワークにあるハードディスクをマウントしたら「Enable Airdisk/Network Disks」をクリックします。

特に何も起こりませんが、これでTimeMachineの設定からバックアップ先として、ネットワーク上にあるハードディスクを選ぶことができるようになるということです。

Lifehackerでは、何度かマウントし直すことでうまく動作させることができたそうで、ユーザインターフェースなどは改良の余地あり、みたいなことが書かれています。

いずれMac OS X側で対応しそうな機能ですが、いち早く試してみたい方は自己責任でどうぞ。ダウンロードはコチラで。