Top 10 Apps That Should've Been in Leopardというエントリーより。

Today's special Leopard top 10 lists software applications we wish Apple would buy, build or bundle to improve Mac OS X even more.

Mac OS X "Leopard"も改良が進んでいるけれど、このソフトも買収もしくはバンドルしてくれたらいいのに、をLifehackerがまとめていましたのでご紹介。

1. PathFinder (ファイル管理)
2. Parallels (仮想環境)
3. InstantShot (スクリーンキャプチャ)
4. MenuShade (メニューバーを隠す)
5. MagiCal (カレンダー)
6. Quicksilver (キーボードから操作)
7. App Zapper (アンインストーラー)
8. iTerm (タブ機能付きターミナル)
9. Disk Inventory X (ハードディスク解析)
10. Hazel (自動でフォルダルール)

求めだしたらキリはないのですが、確かに「AppZapper」のようなソフトは標準で入っていても良いかもしれません。

アプリケーションを削除する時に使うソフトで、ネタフルでもアプリケーションをアンインストールする「AppZapper」として紹介しています。

「AppZapper」はシェアウェアですが「AppDelete」というフリーの同種のソフトもあります。

スクリーンショットの撮影は「Copernicus」あたりも便利ですね。ウェブのスクリーンショットは「Paparazzi!」も。

カレンダーはGoogle Calendarをデスクトップで表示するために「WebDesktop」を利用しています。

■関連記事

“Switcher”にお勧めのMacソフト12本
最も美しいMacアプリケーションのトップ10
Macのハードディスクの空き容量を増やす11の方法
Macのパフォーマンスを最適化する11の方法
Macに"Switch"する人のためのソフトとTipsのまとめ
Lifehackerが選ぶMacのフリーソフトベスト10
Web系エンジニアが"Switch"してお勧めする10 Mac Apps
10 Mac Apps(ネタフル)