Mac OS XでWinアプリがサクッと動く? 「CrossOver Mac 6.1」を徹底検証という記事より。

ネットジャパンからMac上でWindowsアプリケーションを動かすための互換レイヤーソフト「CrossOver Mac 6.1」(以下、CrossOver)が発売された。

日本でも「CrossOver Mac」が発売されたそうです。

Windowsアプリケーションを動かすことができる環境ですが、Boot CampやParallelsとはちょっと違います。

どう違うかというと、Windows OSを必要としないのです。

「互換レイヤーソフト」と呼ばれるのですが、OSを必要としない代わりに、動くソフト/動かないソフトがあります。

とはいえ、動作対象となっているソフトのみを使うのであれば問題ないので、人によっては仮想環境よりも「CrossOver Mac」がコストを抑えられて良い、という場合もあるかもしれません。

ということで、この記事では、

・正式対応アプリケーションは正常に動作するか
・非対応アプリケーションはどれくらい動作するか
・パフォーマンスはどうか

という点を検証しています。

実際のアプリケーションのインストール方法などから始まり、アプリケーションを使用した感想など、なかなか興味深いです。ただ、互換性にはまだ難あり、という感じのようです。

■関連記事

「CrossOver Mac」夏にリリースへ
Mac上でWindowsアプリを動作させる「Crossover Mac」
「CrossOver Mac 6.0.0」パブリックベータ公開
「CrossOver Mac 6.0 Beta 3」リリース