Parallels 3.0~Macを買う理由がまた一つというエントリーより。

DirectXやOpenGLサポートを含め3D Graphicsは今やバーチャルなWindowsマシン内で完全にサポートされているので、これでWindows対応ゲームの膨大なライブラリも品薄で寂しいMacゲームのデスクトップで存分に楽しめる。

Parallels Desktop for Mac 3.0」の案内はメールで届きまして、事前のディスカウントで購入することができました(約5,500円)。

久しぶりに「Safari Stand」をアップデートしたら、終了時に開いていたURLを起動時に復元してくれる「Restore Last Workspace」機能が追加されていて、これでまた一つSleipnirから離れる理由ができました。

となると、Parallelsの需要もいかほどかと思うのですが、Mac OS Xの中でWindowsが動いているその技術は素晴らしいものがあるので、ついつい最新版を手元に置いておきたくなってしまうのですよね。

とはいえ、仕事でどうしてもWindows環境が必要な人にとっては必須なソフトであることでしょう。

英語版と比較するとアップデートは遅くなりますが、日本語版もあります。

Parallels Desktop for Mac

Parallels Desktop for Mac

Parallels DeskTop for Mac

■関連記事

「Parallels Desktop for Mac」のCoherenceモード最強!
Parallels、MacでシームレスにWinも起動可能に!
「Parallels Desktop」にWindows XPをインストール
Parallelsに「Windows一発インストール機能」
AppleK for Parallels
「Parallels Desktop for Mac」正式版リリース
元麻布春男氏による「Parallels」レポート
Parallels、SWsoftに買収されていた
「Parallels Desktop for Mac 日本語版」
Windowsでコマンド+スペースで日本語入力を切り替える「CmdSpace」
続・ParallelsでシームレスなMacとWindows
Mac OS X + Parallels 関連記事のまとめ