Macユーザなら1度は試してほしい! - Webブラウザ「シイラ 2.0」の魅力に迫るという記事より。

シイラは、木下誠氏を中心とする日本人技術者/デザイナー数名によって開発されたMac OS X用のWebブラウザである。「Macの美しいUIを損なわずに、Safariよりも高い操作性を実現する」ことを目標に開発が進められており、4月24日には約1年半ぶりのバージョンアップとなる「シイラ2.0」がリリースされた。

前々から「シイラ」のことは知っていたのですが、なんとなく使わないままにきてしまいました。バージョンが2.0にアップしたことを記事で知ったので、試してみました。

基本的にはSafariと同じレンダリングエンジンなので、ウェブページの表示はSafariと同じになります。

「シイラ」ではそれ以外のところで「Macの美しいUIを損なわずに、Safariよりも高い操作性を実現する」ことを目標としているということです。

Siira4

起動すると分かるのですが、タブではなく下部に「PageDock」と呼ばれる機能が実装されています。

サムネイル付きのタブのようなもので、Firefoxでは機能拡張で実装されますが、「シイラ」では常に表示されるようになっています。もちろん通常のタブ形式で使用することも可能です。

Siira2

また履歴やブックマークなども、Mac OS X風の美しい表示をしています。

Siira3

さらにブックマークは他のブラウザのものも利用することができるので、インポートせずにそのまま切り替えることができます。

Siira1

確かにこれはブラウザを使い分けたりする場合には便利そうです。

他にもMac OS Xライクな機能が搭載されていますので、興味のある人は記事を読んで、ぜひ試してみてください。

非常によくできて美しいのですが、個人的には現在のSafariでさほど不満がないので、乗り換えるところまではまだかな、と感じました。

キラーな機能が追加されるかもしれないので、今後のバージョンアップをチェックしたいと思います。