「Google Desktop for the Mac」を試したというエントリーで「なかなか良いかな」と書いたのですが、その後、日本語入力があまりよろしくないことに気づきました。

Gd Problem1

例えば上記のように「ネタフル」と入力し、エンターキーで確定したとします。するとそのままSafariに引き継がれ、ブラウザのウィンドウが開いてしまうのです。

恐らくこれは英語版だから、という理由だと思います。日本語変換の確定作業が想定されていないのではないかと。

というような理由から、日本では非常に使いにくい状態になっていますので、本格的な利用は日本語版がリリースされてからの方が良いかもしれません。

いちおう回避策としては、kwmr氏@いい感じから、希望の文字列を入力してスペースキーで変換したら、もう一文字何かを追加しバックスペースする、という裏技を教えてもらいました。

Gd Problem2

慣れの問題ではありますが、いちおうこれで日本語も検索できるかな、と。とはいえ、改善されたバージョンないしは日本語版のリリースが待ち遠しいところです。

使ってみてすごいと感じたのは、さまざまなデータがキャッシュされているという当たり前の事実で、

・Safariのキャッシュ
BathyScapheのキャッシュ(2chブラウザ)

も普通に拾ってきたのは驚きました。

2chで見た気がするとか、ネットで検索した気がする、といったレベルのものを普通にローカル検索できるようになるのはなかなか凄いかもしれません。

またしばらく使ってみたいと思います。

■関連記事

「Google Desktop for the Mac」リリース
「Google Desktop for the Mac」を試した