変換候補がおかしくなった「ことえり」を直す方法というエントリーを書いたところ、Buzzurlで「潔くATOKかAquaSKKを入れるんだ!」というコメントを頂きました。

ATOKはもちろん知っているのですが「AquaSKK」というのは初耳でした。そのためちょっと調べてみました。

AquaSKK プロジェクト」というプロジェクトがありまして、解説によると、

AquaSKK は Mac OS X 用のかな漢字変換プログラムです。多機能エディタ GNU Emacs で動作する SKK の長所を継承し、シンプルで快適な日本語入力環境の提供を目指します。

というものだそうです。

AquaSKK プロジェクト::迷っている人へを読むと、さらに詳しい特徴が分かります。

AquaSKK では、日本語の文法を一切解釈しない単語変換方式がベースになっています。ユーザが自分の頭を使いながら主体的に変換ポイントを決定することで、非常にスピーディな日本語入力が可能になります

この「主体的」というのがポイントで、どこから漢字変換を始めたいか、というのを、ローマ字入力する際に大文字で指定してやるのだそうです。

すると変な誤変換をすることなく、漢字以外の日本語を気持ちよく入力できるのだとか。

これだけ読むとなんだか難しそうですが、これをクリアすると小気味よい変換が堪能できるのだそうです。使っている人に話を聞くと、手放せないらしいです。

なるほどー、使ってみたいですね。

でも、ものすごい問題があることに気づきました。ぼくは「カナ入力」なんですよ。