Copernicusというエントリーより。

If the built in screen capture ability of Mac OS X just doesn’t do it for you, Copernicus has some great options. It’s great for taking many screenshots.

撮影したスクリーンショットを管理することができる「Copernicus」という、Mac OS X用のソフトがありました。試してみました。

Copernicus1

起動するとF8キーで呼び出すというダイアログが表示されます(プリファレンスで割合変更も可能です)。

F8キーを押すと、下記のダイアログが表示されます。

Copernicus2

左が範囲指定、真ん中が全体、右が動画です。

範囲指定、全体のスクリーショットはそれぞれ普通の機能ですが、特徴的なのは撮影した画像を保管し、ブラウザで管理できるところでしょう。

Copernicus4

スクリーンショットをバシバシ撮影して、後から整理するのに良さそうです。ブラウザ内の画像をドラッグ&ドロップすることもできました。

さらにユニークなのは動画キャプチャが撮れるところでしょうか。

Copernicus5

撮影を開始するとこのようなダイアログが表示され、メモリかハードディスクか記憶する先を選択することができます。

実際に撮影された動画は、範囲指定されたところがカーソルに追従していましたので、何かのデモビデオを作る際にも使えるかもしれません。「.mov」で保存されました。

Mac OS Xのキーボードショートカットと組み合わせると、幅が広がって良いかも。これはインストールしておきたいと思います。

■関連記事

Mac OS Xでウェブ全体のスクリーンショットを撮影する「Paparazzi!」

小さいけどパワフルなMac OS X用アプリケーション集で紹介した「Paparazzi!」が便利そうだったので、早速試してみました。