Apple、Aperture 1.5をリリースという記事より。

米Apple Computerは9月25日、プロ写真家向けのRAW画像処理・管理ソフト「Aperture 1.5」をリリースした。

日本語版もあるそうで、1.0ユーザは無償アップグレードだそうです。

新たなオープンライブラリシステムでは、画像ファイルを従来のようにライブラリ内だけでなく、外付けハードディスクドライブやCD、DVDなどに保存できるようになった。

これはいいかも。

「iLife '06」や「iWork '06」と統合されていたり、「iTunes」経由でiPodに写真をコピーすることもできるそうです。Apple製のソフトウェアならでは、です。

Apple「Aperture」チームを縮小?というニュースもあっただけに、一安心といったところでしょうか。