もう1つのMac用Webブラウザ「Camino 1.0a1」リリースという記事より。

The Camino Projectは14日(米国時間)、Mac OS X用Webブラウザ「Camino 1.0a1」をリリースした。Webページ表示速度の向上などの改良が施されたほか、多くの新機能が追加された。

Mac OS X用ブラウザ「Camino 1.0a1」がリリースされました。「Camino 1.0a1」は「Firefox 1.5」と同じコードベースで、

複数のアニメーションを含むページの表示速度が大幅に改善、ポップアップウインドウ抑制機能が強化されたほか、ファイルダウンロードのリジューム機能やEmacsライクなキーコンビネーションが追加、「about:config」画面での編集が可能になる

などの大幅な機能向上が計られているそうです。「Cocoaユーザインタフェースを備えることが特徴」です。

個人的にはSleipnirのように、左側メニューバーにタブ一覧が表示できるブラウザが登場して欲しいと願っています。大量のタブを開いている場合に、ウィンドウ上部だと視認性が悪いんですよね。