スポンサードリンク

「macOS 10.15」iPadをMacのサブディスプレイにする“Sidecar”

スポンサードリンク

「macOS 10.15」iPadをMacのサブディスプレイにする“Sidecar”

Appleが、次期macOSの「macOS 10.15」において、iPadをMacのサブディスプレイにする“Sidecar”という機能を提供する可能性があるようです。

スポンサードリンク

Apple planning Luna Display-like desktop extension feature for macOS 10.15, codenamed ‘Sidecar’という記事になっていました。

Now, Apple is working on making that seamless experience native to the Mac. According to people familiar with the development of macOS 10.15 – the next major version of Apple’s desktop OS – the new system will have a feature that allows users to send any window of any app to an external display.

iPadをMacのサブディスプレイとして使用する機能は既に「Luna Display」などいくつかのソリューションが提供されていますが、これをAppleがOSレベルで取り込むようです。

新機能は「Sidecar」と呼ばれており、Apple Pencilにも対応するようです。Macの液晶タブレットとして、iPadが使えるようになるかもしれません。

スタンドアローンとしてiPadを使うだけでなく、MacBookのサブディスプレイとして使えるようになると、新しいiPad需要も掘り起こしそうです。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

「iPhone 8」の改訂版が2020年3月に投入か?

次へ

錦織圭と渡哲也!?実は血縁関係があると聞いて驚く有名人ランキング