2012 10 05 1701

@isloop が、おいらがMacのDockを右側に配置している理由。という記事を書いていました。同じDock右側派として、真似して書いてみたいと思います。

そして、縦に長いということは、冒頭にもいったとおり、縦スクロールの数を大幅に減らせるわけなんです。イコール、ぱっと見で一気に見られるということなんです。

結果的に右側にDockを置いている理由が同じで安心しました。

2012 10 05 1701 1

要するに、縦方向を出来るだけ多く取りたい、ということなのですね。これはぼくも同じです。

広いモニタであれば気にならないかもしれませんが、MacBook Airを使っていると、このちょっとしたスペースでも有効活用したくなってしまうのですね。

さて、では左ではなくなぜ右なのか?

2012 10 05 1706

こんな風に、横書きのノートとしてモニタを捉えた場合、どこから文字を書き始めるでしょうか?

そうなんです。左上なんです。なので、ぼくは左側に、

・メールクライアントの「MailPlane」
・ブログエディタの「MarsEdit」
・ツイッタークライアントの「夜フクロウ」

などを置いています。逆に、右側には主に「Google Chrome」があります。右側で情報収集して、左側で書く、という流れです。

そうした時に、スペース的にはソフトが重ならない右側の方が余裕があるし、書くスペースにDockがあるのは邪魔なので、そうした利用もあり、Dockを右側に置くようになりました。

さらに、もう一つの理由があります。

2012 10 05 1701 2

それは、新規ファイルが右側から保存される、ということです。

2012 10 05 1713

例えば、スクリーンキャプチャを編集する場合に「Skitch」を使いますが、デスクトップに保存されたファイルをDockにある「Skitch」にドラッグ&ドロップしますよね。

その場合、どう考えてもDockが右側にあった方が、移動距離が少なくて済みます。

以上のような理由から、Dockは右側派になっています。

「Dockを隠すように設定したらいいんじゃないの?」という声も聞こえそうですが、それだとタイムラグが生まれるのです。

Dockが表示されてから、起動したいソフトなりを探すと、どうしてもワンクッション入ります。そうでなく、カーソルを移動しながら視線はその先のDockを見て、照準を合わせておきたいのです。

Dockに配置しているソフトの場所を全て覚えておけば解決‥‥ではありますけどね。

何か参考になれば幸いです!

Mailplane App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥2,200

MarsEdit - the blog editor for WordPress, Tumblr, Blogger and more. App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
価格: ¥3,450

夜フクロウ App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
価格: 無料

Skitch App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料