2012 07 26 1128

「OS X Mountain Lion」へのバージョンアップに伴い、対応していないソフトをベータ版にアップデートする必要が出てきました。しかし、セキュリティ機能の強化によりそのままインストールできない場合もあります。

ダウンロードしたソフトの実行許可の権限が厳しくなったためです。

デフォルトでは「Mac App Storeと確認済みの開発元からのアプリケーションを許可」となっており、基本的にはこれで問題ないと思いますが、ぼくがメールクライアントとして使っている「Mailplane」の最新ベータはこれは対応していませんでした。

そこで、権限を変更してみることにしました。

2012 07 26 1120

「システム環境設定」から「セキュリティとプライバシー」を選びます。

2012 07 26 1120 1

そのままの状態では、ダウンロードしたアプリの実行権限を変更することができないので、カギをクリックして変更許可を与えます。

2012 07 26 1120 2

「Mac App Storeと確認済みの開発元からのアプリケーションを許可」から「すべてのアプリケーションを許可」に変更します。

2012 07 26 1120 3

ただし、セキュリティも低下しますので、ここは自己責任で実施して下さいね。目当てのソフトのインストールが完了したら、設定を元に戻しておくと良いかもしれません。

OS X Mountain Lion App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥1,700