2012 02 17 1027

Appleが、2012年夏の終わりに「OS X Mountain Lion」をリリースすることを発表しました。開発者向けに、デベロッパプレビューがリリースされています。

Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデント、フィリップ・シラーは次のようにコメントしています。

「Macは絶好調です。23四半期連続でWindows PCを上回る成長を続けています。Mountain Lionによりさらに勢いがつきます。信じられないほど成功したLionのリリースからわずか7か月で公開されるMountain Lionのデベロッパプレビューは、世界で最も先進的なパーソナルコンピュータのオペレーティングシステムの速い開発ペースを確立するものです。」

さて、気になる「OS X Mountain Lion」の新機能ですが、代表的な10の新機能が以下のようになります。

2012 02 17 1031

どこかで見たことのあるアイコン‥‥そうです、iOSデバイスを使っている人であればお馴染みの機能が、Mac OSの方に大々的にフィードバックされるようです。

iCloud

2012 02 17 1033

「Documents in the cloud」により、Macのアプリケーションソフトからも「iCloud」が利用可能に。

Messages

2012 02 17 1034

Mac版「iMessage」のようなアプリケーションソフト。iPhone/iPadなどともメッセージが可能。

Reminders

2012 02 17 1035

iOS版と同期が可能なリマインダーソフト。

Notes

2012 02 17 1035 1

iOS版と同期が可能なノートソフト。

Notification Center

2012 02 17 1036

iOSの通知センターがMacにも。

Share Sheets

2012 02 17 1036 1

Safariなどから簡単にツイッターやメールでコンテンツが共有可能に。

Twitter

2012 02 17 1037

アプリケーションソフトが、ツイッターとも深く連携。

Game Center

2012 02 17 1037 1

iOSの「Game Center」がMacにも。

AirPlay Mirroring

2012 02 17 1038

Apple TVを経由し、Macの画面をテレビに表示。

Gatekeeper

2012 02 17 1039

どこからでもソフトをダウンロード、インストールするか、Mac App Storeからのみにするか、認証を受けた開発者からもOKにするか、といった設定を行なえる。

■関連記事

ASCII.jp:新OS「OS X Mountain Lion」 ― ポストPC時代に合わせ、Macの進化を加速させるアップル

アップルがすごいのは、これら個々の製品ジャンルのすべてで、製品の販売台数でも、ユーザーの満足度でも最高ランクの製品を提供しつつ、さらに、これら3種類の製品すべてを所有し使い分ける際にも、おそらくほかとは比較にならないほどの快適な連携ができることだろう。今後、仮にスマートフォンで、iPhone並みの使いやすさを提供できる製品が出てきたとしても、トータルの体験の良さでアップルに追いつくには、さらに遠い道のりがありそうだ。

林信行が語る“攻め”の新OS:「OS X Mountain Lion」は絶好調なMacをさらに加速させる

いずれにせよ、それまでのMac OS Xの流れに一度、「待った」をかけ、まったく新しい方向性を打ち出したのが、前バージョンのOS X Lionだったが、次バージョンのOS X Mountain Lionは「やはり、この方向であっていた」と、新しいOSの方向性に向かって思いっきりアクセルを踏み込むようなリリース。「ちょうど人気が絶好調のMacをさらに魅力向上させ、一気に他を畳み掛ける」という号令のようなOSだといえるのかもしれない。