2011-01-07_2319.png

Appleが「Mac App Store」からのアプリケーションソフトのダウンロード数が100万を突破したと発表しています。

2011年1月7日にスタートした「Mac App Store」ですが、初日に100万ダウンロードを達成したそうです。ちなみにラインナップは1,000本以上とされています。

スティーブ・ジョブズは次のようにコメントしています。

Mac App Storeに対する途方もない反響に驚いています。デベロッパの皆様の素晴らしい努力のお陰でアプリケーションがストアに揃えられ、ユーザの皆様がMac App Storeがいかに簡単で楽しいかを喜んでいるのです

有料、無料のアプリケーションソフトがある訳ですが、売れているソフトでは何本くらいが出ているのでしょう。内訳が知りたいですね。やはりAppleのソフトが強いのでしょうか。それとも?

ソフト開発者には売上の70%が利益として還元されるのですが、現時点で成功しているサードパーティーがあるならば、その数字が気になるところです。

■関連記事

「Mac App Store」ファーストインプレッション
「Mac App Store」のソフトにリンクを張る方法
「Mac App Store」からEvernoteを上書きインストールしてみた
Macからソフトを削除(アンインストール)する方法