2009-12-01_0923.png

@kotoripiyopiyoが「最近、Macが遅いんだけどデフラグとか何か良い方法はないか」といっていたので「OnyX」というソフトを教えてあげました。

Mac OS Xでは基本的に、デフラグをしなくて良いということになっています。そのあたりについて詳しくはいにしえの儀式「デフラグ」について考えるあたりを参照してください。

ということで、ここではデフラグ以外で、ぼくが普段実行しているメンテナンス方法をご紹介します。個人的に重宝しているのは「OnyX」というソフトです。

Macを使っていると、例えばSafariのキャッシュをはじめ、いろいろなところにキャッシュが溜まっていきます。これがどんどん増えていくとディスクも圧迫しますし、Safariなどは動作が遅くなるように感じる時があります。

そこで「OnyX」を使い、各種キャッシュをクリーニングします。

2009-12-01_0924.png

そのものずばりで「クリーニング」というメニューがあるので、そこからシステムキャッシュやユーザキャッシュなど、不要と思われるものをがしがし削除していきます。

だいたい削除してしまいますが、インターネットの「フォームの入力内容」や「Cookie」あたりは残すようにしています。これでマシンを再起動すると、気分もすっきりです。ディスク容量も増えます。

「OnyX」はよくできたソフトで、他にもメンテナンスや、Mac OS Xの各種設定をいじることも可能です。

2009-12-01_0923-1.png

2009-12-01_0925.png

2009-12-01_0926.png

2009-12-01_0926-1.png

スクロールアローの表示位置を調整したり、スクリーンショットの保存形式を変更したり、不可視ファイルを見えるようにしたりといったことも行うことができます。

あとは、思わぬ何かのファイルが肥大化してディスク容量を圧迫しているという場合には、HDDの使用状態を可視化することができるソフトが便利です。

MacのHDD使用状態を可視化する「GrandPerspective」と「Disk Inventory X」というエントリーを参考にして下さい。

「OnyX」については、Macの不可視ファイル表示やメンテナンス/クリーニングに「OnyX」が便利というエントリーも参考にして下さい。

OnyX」は、システム系のメンテナンスを含みますので、あくまでも自己責任でお試しください。

■関連エントリー

Macのパフォーマンスを最適化する11の方法
Macをメンテナンスする7つのアプリケーション
Mac OS Xの隠れた機能をオンする「Deeper」
WinユーザのためのMac講座「オンラインソフトを選ぶ」