アップルの新OS「Snow Leopard」--注目の新機能と改良点を分析という記事より。

まず知るべきなのは、これがMac OS Xを全面的に刷新したものではなく、Appleが「洗練と進化」と呼ぶ小規模から中規模の一連の改良を加えたものであることだ。

「Mac OS X Snow Leopard」8月28日より発売開始かというニュースがありましたが、もうすぐリリースと思うと本当に待ち遠しいですね。

ということで「Snow Leopard」と「Leopard」の違いをまとめている記事がありましたので、リリース直前、勉強しておきましょう。

この改良によってOS全体の速度がはるかに向上し、例えばOSインストールの速度は1つ前のバージョン「Mac OS X 10.5」(「Leopard」)より45%向上するという。
起動、終了、ワイヤレスネットワークへの接続、「Time Machine」へのバックアップも高速化されるという。
インストール後の空き領域が6Gバイト増えるという。

派手な新機能も悪くないですが、こうした高速化、安定化のアップデートというのは地味に利きますね。「iPhone 3.0」から「iPhone 3.0.1」も、地味だけど良かったものなー。

早く試してみたい!