「QuickTime」の次期バージョン、YouTubeサポートを搭載--Apple Insider報道という記事より。

Apple Insiderは、「OS X 10.6」に同梱される「QuickTime」の次期バージョンにYouTubeアップロード機能が搭載されることを示す証拠をつかんだようだ。

Mac OS X 10.6に同梱される「QuickTime」の次期バージョンに、YouTubeアップロード機能が搭載されることになるようです。

この新しいQuickTimeでは、YouTubeユーザーとしての登録を済ましておくだけで、サポートされている形式のビデオファイルなら変換、および、オンラインビデオサービスであるYouTubeへのアップロードが可能となる。

AppleとしてもYouTubeを無視できないというか、きっとそういうリクエストも少なくないのでしょうね。

それにしても「MacBook Air」でCinema Displayを接続している環境だと、YouTubeでHD動画の再生ができないんですよね、カクカクしてしまって‥‥。

特に新しいMacを購入したいとは思わないのですが、ちょっとした頭痛の種になっています。うーむうーむ。