かなり唐突な感じですが「Safari 4」ベータ版がAppleよりリリースされました。Mac版、Win版の「Safari 4」ベータ版がダウンロード可能です。

2009-02-24_2309.png

スクリーンショットを見ると、

・Top Sites

頻繁に訪れるページを美しいプレビューで表示し、ワンクリックで好きなサイトにジャンプすることができます。

2009-02-24_2310.png

・Fill History Search

最近見たページのタイトル、ウェブアドレス、そしてテキスト全体を検索して、以前に訪れたサイトに簡単に戻ることができます。

2009-02-24_2310-1.png

・CoverFlow

訪問したウェブサイトの履歴やブックマークの検索がiTunes®でアルバムアートをめくるように楽しく簡単にできます。

2009-02-24_2311.png

という機能がアピールされていますね。

アップル、Safari 4を発表 — 世界最速、最も革新的なブラウザというプレスリリースに、詳しく新機能が紹介されています。

個人的に気になるのは、

Safari 4に組み込まれたNitroエンジンによりJavaScriptの実行速度がSafari 3に比べ4.2倍速くなっています

というところですね、やっぱり。

他のウェブブラウザと比較しても、

Safari 4は、新しいNitro JavaScriptエンジンなど、世界で最も進んだウェブテクノロジーをベースに作られており、JavaScriptをIE7より最大30倍速く、Firefox 3よりも3倍以上速く実行します。SafariはHTMLウェブページの読み込みも速く、IE7より3倍以上、Firefox3と比べてもほぼ3倍の速さで素早く読み込みます

なんだかいろいろ高速です。

さらに!

Safari 4はオフラインテクノロジーのためのHTML 5をサポートしているため、ウェブベースのアプリケーションはインターネット接続のないときでも情報をローカルに保存することができるほか、ブラウザとしては初めて、リフレクション、グラディエント、プレシジョンマスクを使って高度に洗練されたウェブグラフィックスを可能にする先進のCSS効果をサポートしています。

オフラインでも使える!

Safari Stand」が対応するまで待つべきかどうか‥‥とりあえず、ダウンロードはしました!

追記:

「Safari 4」ベータ版をインストールしてみたら超速い!
「Safari 4」で気になること