日頃のバックアップにはMac OS Xの「TimeMachine」のお世話になっているのですが、先週くらいから“○○に保存するためのアクセス権がありません”と表示されてバックアップができなくなってしまいました。

2009-01-13_1400.png

アクセス権を確認してみるも、読み/書きはできるので特に問題ない誘うです。

他に同じ問題を抱えている人はいないかとググったところ、2ちゃんねるの「タイムマシンすれ。2」というスレッドがありました。

そこにあった書き込みが以下のようなもの。

706 :名称未設定:2008/12/23(火) 19:42:34 ID:S5QkwVE90 いろいろ症例があがってるから
コマンドラインをいじくれる人以外はちょっと待った方がいい

ということで、該当する「Apple - Support - Discussions - after the 10.5.6 update Time Machine ...」を読んでみました。

どうやら斜め読みした感じだと、何か不過視ファイルが邪魔しているっぽく、コマンドラインからそれを削除する方法が紹介されていました。

ちょっとコマンドラインからの操作は自信がなかったので「OnyX」の機能に不過視ファイルを見えるようにする機能があったのを思い出し、そのオプションをオンしてHDDを覗いてみました。

2009-01-13_1400-1.png

この機能をオンすると、Finderが再起動します。

2009-01-13_1400-2.png

見ると、不過視ファイルにアラートに表示されていた「.001ec2b50365」という同じ名前のファイルがありました。

これをゴミ箱に入れ、TimeMachineを「入」にすると‥‥ビンゴ! うまく動作してくれるようになりました。自己責任でお試しください。

追記:「Time Machine」が動作しなくなった時に試してみるべきことをまとめました。