OS標準ハック仕様? の「SIMBL」を知るという記事より。

さて、今回は「SIMBL (Smart InputManager Bundle Loader)」について。Input Managerの機構を利用してプラグインの実行を可能にする、Cocoaアプリのハックシステムのことだ。

Safariを使う上で絶対に欠かすことのできない「SafariStand」というソフトがあるのですが、この「SafariStand」を使用可能にしている仕組みが「SIMBL」です。

詳しいことはよく分からずに使用していた「SIMBL」なのですが、この記事を読んでどういうものか分かりました。

Cocoaアプリは、起動時に~/Library/InputManagersにあるバイナリを (たとえ文字入力に無関係でも) 参照する仕様のため、まんまと任意のプログラムを読み込めるという仕掛け。

なるほどですね〜。

基本的には「SafariStand」で使っているだけなのですが、少し前から「GreaseKit」も使っています。

■関連エントリー

「SafariStand」簡単レビュー
「SafariStand」で開いていたタブを回復する
「Leopard」SafariStandが"Safari 3"に対応
Safariでアドレスバーから検索する方法
はじめての「GreaseKit」インストールしてみる
「GoogleAutoPager」Google検索結果をツルツル読む/GreaseKit
「oAutoPagerize」Twitter、Flickrをツルツル読む/GreaseKit
「Greased Lightbox」画像リンクをLightbox表示/GreaseKit