Speed Up Sleep Mode on MacBooksというエントリーより。

Tech blogger Dan Warne notes that MacBooks loaded with serious memory—like MacBook Pros with more than 2 GB—can take a long while to activate these days, since the entirety of that memory is being written to your hard disk in the default "safe sleep."

デフォルトの"safe sleep"モードの場合、メモリの内容をハードディスクに書き込むのですが、これをキャンセルしてスリープをスピードアップする方法が紹介されていました。


sudo pmset -a hibernatemode 0


元ネタは「How to turn off slow sleep / hibernate mode on a MacBook Pro」で、

OS X writes the entire contents of memory to disk before going to sleep.

Mac OS Xはスリープに入る前にメモリの内容をハードディスクに書き込むんだ、と。ACアダプタを繋いだままの環境だったら良いでしょうか。