どれが最速?--Mac用Windows仮想マシンパフォーマンス比較という記事より。

VMwareが「VMware Fusion 1.0」を正式リリースしてから、まだ数週間もたっていない。これで、Intelベースの「Mac」上で「Windows」アプリケーションを動作させる方法が4種類も揃った。

なかなか自分で仮想環境を比較テストするのは難しいので、こうしたレポート記事はありがたい限りです。特にWindowsも併用したい人には貴重な情報ではないでしょうか。

テスト内容は、

・マルチメディアマルチタスキングテスト
・Adobe Photoshop CS3テスト
・Cinebench R10テスト
・Quake 4テスト

などとなっています。

全ての仮想環境がテストを全て実施できている訳でないので、対応している/いないというのも検討時の参考になるでしょうか。

仮想環境という意味で考えると、

VMware Fusion
Parallels Desktop for Mac

が現実的な選択肢かと思いますが、性能では「VMware Fusion」が上であることが見て取れます。ただし「Quake 4」を動作させることがでたのは「Parallels Desktop for Mac」だけでした。

とはいえ、

Macで動作させるのがOutlookやExcelといったありきたりなWindowsアプリケーションだけであれば、今回取り上げた仮想化オプションはどれを使っても大きなパフォーマンスの差は感じられないはずである。

ということです。確かにハードな作業をさせるのであれば、Windowsマシンを使うべきですね。

価格でいうと、

・VMware Fusion 79.99ドル
・Parallels Desktop for Mac 79.99ドル

となっています。Parallelsは日本語版を購入することもできます。現時点で日本語の情報ということを考えると、Parallelsの方が多いかもしれませんね。

いずれにせよ一つでなく選択肢があり、切磋琢磨してバージョンアップしていくというのは嬉しい環境です。

Parallels DeskTop for Mac

Parallels DeskTop for Mac