MacとVistaが同時に使えるParallels新版、正式公開という記事より。

Intel Macで動作する仮想化ソフト、Parallels Desktop for Macの新版(Build 3186)が正式リリースされた。

旧バージョンからのユーザは無償でアップデートが可能なので、ぼくも試してみました。ダウンロードしてアップロードしてインストールして完了。ベータ版も使ってきたので、それほど大きな違いは感じませんでした。

ちなみにこれから「Parallels Desktop for Mac」を導入しようと考える人には、やはりWindowsアプリをシームレスに動作させることができる「Coherenceモード」や「ファイルおよびフォルダのOS間ドラッグ&ドロップ」などがグッとくるのではないでしょうか。

ただ正直なところParallelsを使っているのはSleipnirが使いたいという理由なので、Safariの機能が強化されるとか、そういうことがあればいずれ使用頻度も下がるのかな、と思っています。

とはいえ、こうした仮想化技術やエミュレータというのはグッときますけどね。

■関連記事

Parallels、「Parallels Desktop for Mac」をアップデート-複数の新機能が追加に

Coherenceが有効になっているときのWindowsアプリケーションの読み込みや稼働の仕方や、タスクバーおよびスタートメニューといったWindows特有の機能を表示する方法を設定することができるという。