“ボクは平気?” Macにもセキュリティ対策が必要な理由という記事より。

Macユーザーの間では「Macは安全」「セキュリティソフトなんて必要ないよ」と言う声も少なくありませんが、この“神話”は本当なのでしょうか。最近のMacプラットフォームにおけるセキュリティの状況を教えてください。

Mac OS Xはウィルスに対して強いというイメージがあります。Appleが逐一、ソフトウェアアップデートで対応しているせいもありますが、個人的にはMacユーザが少ないからターゲットになりにくかったというのも一因としてあるのではないかと思っています。

なので、今後Macユーザが増えると状況も変わっていくのかな、と思っているのですが、Symantecの人はどう思っているのか、このインタビュー記事が参考になります。

「OSの話であれば、確かにMac OS Xは強固なセキュリティを持つOSだね。現在確認されている脆弱性で野放しになっているものは1つもないし、実際の被害という点から見ても、深刻な影響を及ぼすようなウイルスやワームは存在していないと思う」

OSレベルでは、非常に堅牢なものになっているのですね。

今後の注意点としては「セキュリティ上の脅威がHDDを狙う攻撃からオンライン上の通信そのものを狙う攻撃に変化したこと」だそうです。例えばフィッシングなどです。

こうなってくるとOSは関係ないので、インターネットを利用する上でのリテラシーのようなものも必要になってくると思いますが、初心者にそこまで求めるのはなかなか難しいものがあります。

そういった部分でのセキュリティ対策ソフトが必要になってくるのでは、とSymantecの人が言っています。