Parallels、実は仮想化ベンダーSWsoftに買収されていたという記事より。

Mac用の仮想化ソフトParallels Desktopで知られる米Parallelsが、別の仮想化ソフトベンダーであるSWsoftの傘下となっていることが、Parallelsの公式ブログにより明らかになった。

SWsoftを知らなかったのですが、「OpenVZ」という仮想化ソフトをGPLで公開している企業なのだそうです。

公式ブログの説明によれば、Parallelsは2006年にMac版Parallels Desktopで大きな飛躍を遂げたが、その際にSWsoftの助言やリソースの提供を受けていた。

買収されていた、というよりは、はじめからSWsoftとの関係があったようですね。そのお陰で、あそこまでスピーディーに開発ができたということなんでしょうね。

「さらにサーバ仮想化事業を推進するに当たっては両社の関係を明らかにしておくことが適切だと考えた」ことから、ブログで公式に説明されたのだそうです。

ユーザとしては、きちんとしたバージョンアップが続けられていくのであれば、どこの参加になっても安心していられます。無くなったりするのが一番困りますね‥‥。