Mac向けOffice 2008、今年後半にリリースという記事より。

米MicrosoftのMacintosh Business Unit(Mac BU)は1月9日、Mac向けOfficeの新版をリリースすると発表した。

「Microsoft Office 2008 for Mac」が2007年後半にリリースされることが決定しています。ユニバーサルバージョンとしてリリースされるということです。

Office 2007と同様、ユーザーインタフェース(UI)が新しくなる。新しいUIでは、ユーザーがツールやMac固有の機能を見つけやすく、アクセスしやすくする「Elements Gallery」が導入される。

無料で使える代替アプリケーションも登場していますので、絶対的に必要かどうかというと人それぞれだと思いますが、やはりOfficeじゃないとね、という人には新しいバージョンがリリースされるのは嬉しいことですね。


■関連記事

「Office 2008 for Mac」、2007年後半に登場へ

Jones氏は、「iWorkは一部の顧客にとっては興味深いソリューションだと思う。われわれの顧客はやや異なっており、こちらの製品はかなり強力な生産性スイートだ。iWorkに関心を寄せるのは、さほど強力な機能を必要としない層だ」と語っている。