ワークとマックがシームレスに!: Parallels Desktop for Mac build 3036 Betaというエントリーより。

Mac上でWindowsをエミュレートするソフトウェアのParallels Desktop for Macのベータ版が先日、リリースされた。build 3036 Beta。

いい感じで、いい感じのスクリーンショットが紹介されていました。

なんと、Parallelsなんですけど、なんとなんと、MacとWindowsがシームレスに起動しているのです!

Para Mac Win Seemless-1

なんじゃこりゃあああ!

上部にMacのコントロールバーが、下部にはWinのコントロールバーがある。  safariのとなりにPowerPointの画面が共存しています。これ、切り貼りじゃない。シームレス。Coherenceモードというモードを機能させると、Window単位でMacの画面上にWindowsが現れるというしくみ。

凄過ぎる‥‥。Macと同時にWindowsが動いているだけでも凄かったのに、全く共存してしまっているではないですか。

MacとかWinという概念すらなくなって、ただ単に使いたいアプリケーションを使う、ということになっていますね。

動画もありますので、ぜひご覧アレックス。

実はMac上でWindowsアプリケーションを動作させるという試みは既にありまして、「CrossOver Mac」というのがそれです。

こちらはWindows XPのインストールすら必要ないのですが、動作するアプリケーションとそうでないものがあるのですね。

ParallelsだったらMacとWindowsを切り分けて使用すること可能だし、とりあえずMacとWinを両方使うには「Parallels」が定番という感じでしょうか。早く正式版にならないかな。