Parallels、「Windows一発インストール機能」をMac版仮想化ソフトで提供という記事より。

米Parallelsは11月1日、Mac用仮想化ソフトウェアのParallels Desktop for Mac最新版(2.2 build 1970)に、Windows XPおよびVistaのインストールを簡単にするアシスタント機能を追加したと発表した。

おおお、これはありがたいことですよ。インストール自体はまあ、最初の一回で済むと思うのですが、Windowsに慣れないMacユーザにはなかなか大変な作業だったりします(ぼくも知り合いに聞きながらインストールしました)。

Windowsのインストールでは、インストールの途中でパーティション設定やプロダクトキー、個人情報などの設定を入れる場面が複数出てくるため、マシンに張り付いている必要がある。新しいアシスタント機能では、必要な情報をあらかじめ登録しておくことで、OSインストール終了まで触れる必要がない。

素晴らしいです! 別途インストールする必要のあった「Parallels Tools」も同時にインストールされるそうです。言うことナス!

■関連記事

「Parallels Desktop for Mac」正式版リリース

CPUがIntelになっているので、かなり現実的なスピードでWindows XPが動作するのが大きな特徴です。つまり、Mac OS X上でWindows XPが“使える”訳です。

「Parallels Desktop」にWindows XPをインストール

Windows起動後はインターネットにも自動で接続していたので、本当にあっけない感じでした。まだInternet Explorerを起動したくらいですが、普通のスピードで起動します。

AppleK for Parallels

せっかくワンタッチでMacからWindowsに切り替わるようになったので、キーボードショートカットも同じにして生産性を上げたいと思います。