Mac OS X 10.4.8はただのアップデートじゃない! - Rosettaも高速化という記事より。

CPU Testでは、Rosettaモードにおけるスコアが約29%増と、ネイティブモード(約6%)に比べ大幅アップ。Rosettaの根幹ともいえるバイナリ変換効率を測るとき、CPU Testが重要な指標になることを考えると、その差は大きい。

「Mac OS X 10.4.8」がリリースされた訳ですが、単なるアップデートに留まらず、かなりの機能アップとなっているようです。

特にこのRosettaの高速化というのはありがたいですね。ほとんど気にしないで昔のアプリケーションも使っていますが、どうしても固まってしまう瞬間がありました。それが改善されるなら嬉しいです。

ココによると、

パッケージサイズはPowerPC用が約31MB、Intel用が約206MBと、Intel Macのほうに厚く変更が施されている

ということです。

印刷、Finder、ネットワーク等が改善されているそうです。