"Macらしさ"を持つOpenOffice「NeoOffice 2.0」の最新β版が公開という記事より。

NeoOfficeプロジェクトは29日(米国時間)、フリーなMac OS X用オフィススイートのβテスト版「NeoOffice 2.0 Aqua Beta 3」を公開した。

Mac OS X用のオフィススイート「NeoOffice 2.0」の最新ベータがリリースされています。

Mac OS X 10.3以降、384MB以上のメモリと400MBの空きディスク容量が必要です。Intel Mac版があるというのが嬉しいですね。インストールしてみようかな、という気にさせられます。

今回のリリースでは、コードベースにOpenOffice 2.0.3を採用。表計算機能の処理速度が改善されたほか、Microsoft Officeで作成した文書との互換性向上、NeoOffice 2.0 Alpha 4(コードベースはOpenOffice 2.0.2)以降に発見されたセキュリティ問題の修正が行われている。

「Aqua」とついている通り、Mac OS Xとの見た目の親和性が非常に高くなっているようです。OpenOffice.orgをベースにしているのですが、よりMacっぽい感じに仕上がっているということですね。

会社員時代はPCに当然のようにMicrosoft Officeがインストールされていたので、自分のMacにしてからどうしようかと思っていたのですが、「NeoOffice 2.0」を試しに使ってみますかね。