OS X to go virtualというエントリーより。

Virtual machine developer VMware is scheduled to make an appearance at Apple's World Wide Developers Conference this Monday in San Francisco.

バーチャルマシンを開発しているVMwareが、WWDCへのスケジュールを予定していることを受け、Mac OS X版の「VMware」がリリースされるのかも? と予想しているブログがありました。

確かに、VMware幹部、Intel Mac版の開発を認めるというニュースがあり、その中では「わが社の研究室ではすでにMac OS X上でVMwareが動いている」という話もあったので、今回リリースされても不思議ではありません。

If VMware extends its free offer to OS X, the price of running Windows applications will drop significantly (although you still need to purchase a Windows license).

今年の始めにライセンスフリーのバージョンもリリースしている「VMware」なので、それがMac版にも適用されるとなると、それはなかなか凄いことになりそうです。