Windows互換レイヤCrossOver Mac、夏登場へ - "MacでWindows"に第3の選択肢という記事より。

対象はIntel製プロセッサを搭載したMacintosh(以下、Intel Mac)のみ、PowerPC搭載機はサポートされない。製品価格は1ライセンスあたり59.95US$、出荷開始は7月下旬から8月上旬が予定されている。

Mac上でWindowsアプリを動作させる「Crossover Mac」としてネタフルでもお伝えしたMac上でWindowsアプリケーションを動作させることができる「CrossOver Mac」は、7月下旬から8月上旬のリリースが予定されているそうです。

「Windowsと高い互換性を持つAPIを持つため、WindowsをインストールすることなくWindows用アプリケーションを実行できる」のが特徴です。Boot CampやParallelsのようにWindowsをインストールする必要がありません。

ただしWindowsをインストールしないので、全てのアプリケーションが動作する訳ではなく、互換性の高いアプリケーションが一覧できるページがあります。

動作するアプリケーションは限られるものの、Windows XPを必要としないため、59.95ドルという価格はコストパフォーマンスが高いと言えます。

■関連記事

MacでのWindowsアプリ利用を可能にするもう1つの選択肢-「CrossOver Office for Mac」

同製品はデバイスドライバではなく、アプリケーションの互換性に照準が合わせられているため、Windowsアプリケーションからプリンタなどを動作させられないのである。