日常のウェブブラウズにおいては、基本的にはSafariで問題ないのですが、唯一物足りなさを感じていたのがタブ機能です。

Safaristand2

このようにページ上部に表示されるのですが、これだとタブの数が増えてくると一覧することができなくなります。そのため、左のサイドバーあたりにずらずらとリストされると良いなと思っていました。

側近の田中アップルに話したところ、「SafariStand」を勧められたのでインストールしてみました。「Stand」メニューから「Toggle Sidebar」を選びます。

Safaristand

そうそう、これこれ! こういう機能が欲しかったのです。タブの位置もドラッグ&ドロップで変更できるので言う事なしですね。

「SafariStand」はSafariを機能拡張するためのソフトで、もちろんこれ以外にも下記のような機能があります。

・タブをサムネイルで表示するサイドバー
・ブックマーク・履歴検索・RSSリーダを提供するウインドウ「Stand Bar」
・キーワードで素早く検索する「Quick Search」
・ブックマークと履歴とローカルファイルを検索する「Stand Search」
・HTMLソース表示の色付け
・_blankリンクをタブで開く
・コンテクストメニューの強化
・イメージのリサイズ表示、Exif情報表示

ああ、もっと早くからインストールしておけば良かった。

周囲ではFirefoxを使っている人が多いのですが、起動や表示のスピード、見え方などからSafari派だったので、このソフトは非常に嬉しいです。

インストール方法は二つありますが、ぼくは「InputManagers」フォルダにアプリケーションを置くタイプを選びました。これだったらすぐに試すことができます。

Safariを常用している人には「SafariStand」はお薦めです。