Heresy: Windows XP performance on a Macというエントリーがありました。

CNET Labs ran a few of its home-brewed benchmarks on a MacBook Pro with the Mac OS, Boot Camp, and Parallels Desktop to see how application performance stacks up between the three.

CNET Labsが、Mac OS X、Parallels、Boot Campを比較するというユニークなベンチマークテストを実施しています。

テストに使われたのは17インチのMacBook Proで、Mac OS X 10.4.6が動作し、2.16GHzのIntel Core Duo、2GB RAM、100GB 7,200rpmのHDDといったスペックになっています。

Photoshop CS2、Microsoft Office 2003、iTunesエンコーディング、Quake 4といったテストが行われています。

Photoshop CS2はMac OS Xはネイティブではないので参考値ですが、当然Boot Campで動作させるのが高速になっています。Microsoft Office 2003はBoot CampとParallelsですが、こちらでも倍以上の違いがあります。

ただし、iTunesのエンコーディングでは、Mac OS X 10.4.6が最速で、ParallelsとBoot Campの差も比較的小さいです。

最後に起動時間がテストされているのですが、

Parallels 24秒
Mac OS X 10.4.6 26秒
Boot Camp 47秒

と、ここではParallelsが最速です。

こうしてみると当然のことながら、本格的にWindowsを使うのであればBoot Campがストレスないことが分かりますね。