Intel Mac用仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop for Mac」の発売開始という記事より。

Parallels Desktopは、Intel製CPUを搭載したMac上で、Windows XPやLinux、その他のOSなどを動作させる仮想OSソフトウェア。

Boot CampはMac OS XとWindows XPを同時に動作させることはできませんが、「Parallels Desktop for Mac」ではMac OS X上で仮想的にWindows XPを動作させることが可能です。

CPUがIntelになっているので、かなり現実的なスピードでWindows XPが動作するのが大きな特徴です。つまり、Mac OS X上でWindows XPが“使える”訳です。

ぼくはMacBook+メモリ1GBで使用していますが、できれば2GBあった方が快適でしょうね。それだけ仮想環境へのメモリ割り当てを大きくすることができますから。

Parallels Release 1

ということで、これまでベータ版だったものが、晴れて正式版になりました。通常価格は79.99ドルですが、7月15日まで49.99ドルで購入が可能です。80ドルでも安いと思います。

Intel Virtualizationテクノロジーをフルサポート。また、WindowsとMac OS Xのプログラム間でのファイル共有、カット&ペーストや、仮想化したOSをサブディスプレイへフルスクリーンで表示できる。

MacBookのモニタにMac OS Xを表示し、外部モニタにWindows XPといった使い方も可能です。素晴らしい。

Parallels Release 2

仮想化可能なOSは、Windows、Linux、FreeBSD、Solaris、OS/2、eComStation、MS-DOSなどとなっています。

ぼくはベータ版の頃から使っていまして、正式版の案内がメールで届いたので、そのままアップグレードしました。Mac OS X上で現実的なスピードで動作するWindows XP環境ということで、「Parallels Desktop for Mac」は夢に描いていたアプリケーションです。

■関連記事

Macのシェア拡大の起爆剤となるか-正式版の登場が迫るParallels

カナダのウォータールー大学がParallels Desktopをテストしている。大学では、環境調査部門のMacintosh Labでこのソフトウェアを使用して、Macでは利用できない数多くのプログラムを学生が利用できるようにする予定だ。

「Macの中のPC」Parallels Desktop正式版リリース

Appleがリリースした「Boot Camp」がWindows XPかMac OS Xのどちらか一方しか実行できないのに対し、Parallels Desktopでは1台のコンピュータでこの両方を同時に実行できると同社。

Mac OS上にWin環境、「Parallels Desktop for Mac」の正式版リリース

Parallelsは、「Hypervisorによる仮想化エンジンにより、ネイティブに近いスピードと優れた安定性を実現している」と性能面もアピールしている。