Parallels Desktopが機能強化し「値上げ」という記事より。

「Parallels Desktop for Mac」が最終テストリリースであるRC2(Release Candidate 2)となり、USB互換性向上をはじめとするさまざまな改良がなされたが、同時にParallels Compressor ServerとParallels Desktopを統合し、価格を79.99ドルに引き上げると発表した。

おお「Parallels Desktop」が、79.99ドルに値上げですよ。ということで、早速プレオーダー価格の39.99ドルで予約を入れておきました。

統合されるディスクイメージ管理ツールのParallels Compressor Serverは、Windows 2000/XP、Windows Server 2003のVMディスクイメージを50%まで圧縮可能という優れもの。これまで別々に販売されていたよりも150ドル安くなるそうです。

まあ、このソフト自体が50ドル程度で買えるのが安過ぎたという気もしないでもないですからね。諸々を考えると、79.99ドルだったら払っても良い価格なのではないかと思います。

なお、RC2では以下のような改善がされているとのことです。

・Parallels Compressor Serverを内蔵
・パフォーマンスを大幅に改善
・USB性能をアップし、サポートデバイスを拡大
・ホストとゲストとのネットワーク接続を改善
・ネットワークアダプタのスイッチをオンザフライで実施可能に
・Virtueを使った視覚的なOS変更のバグを修正

「パフォーマンスを大幅に改善」というのは嬉しいですね。Parallels Desktop Release Candidate 2 for Mac Downloadよりダウンロード可能です。