MacBookの購入が決まり、気持ちはもう「Parallels Workstation for Mac OS X」なりBoot CampでWindowsを動かす気まんまんでいるのですが、しまった、まだWindowsを入手していないです!

Amazonで調べてみると「Microsoft Windows XP Home Edition Service Pack 2 通常版」が23,800円でそれなりの値段がします。

もう少し何か安く手に入れる方法がないかな、と思っていたら、yskz氏からOEM版を入手する方法を教えて貰いました。なんでもメモリと抱き合わせて通常より安く手に入れることができるんだそうです。それは何?

と思って調べたら、こんな記事を見つけました。

Intel Mac対象のOEM版Windowsセットが登場

(DSP版は)それぞれの製品は単体で購入できません。かならずハードウエアにバンドルする形で購入いただき、そのハードウエアとともにご利用ください。

なるほど。自作系ユーザにはお馴染みなんだそうです。

そして、この抱き合わせるハードウェアというのが、CPU、メモリ、HDDなどのパーツで良いそうで、それがyskz氏の言っていたメモリと抱き合わせて安く手に入れられるOEMのWindows XPということでした。

Macユーザは知らないですね、こういうお話。

ということで、Mac用にメモリとWindows XPを抱き合わせたセットが販売されているそうです。メモリも増設できて一石二鳥!

お手軽に購入できるところがあるかと探してみたら、「PLUSYU楽天堂」がありました。

【特集!】Intel Macで「Windows XP」を動かそう!:アップル専門店「PLUSYU楽天堂」

お客様のご要望にお応えして、大変お買い得な「Windows XP DSP版(OEM版)」とIntel Mac用メモリとのセット販売を開始しました!

Intel Macで使えるメモリということで安心ですね。512MBメモリ + Windows XP Home Editionで19,048円(税抜)です。

WindowsXP Home Edition SP2 DSP版 + 200pin PC2-5300 DDR2 SO-DIMM 512MB メモリセット【でん...

WindowsXP Home Edition SP2 DSP版 + 200pin PC2-5300 DDR2 SO-DIMM 512MB メモリセット【でん...

送料は609円〜となっていますので、メモリ増設の必要がない場合でも、OSのみを購入するより安くなりそうです。

さらに探すと、※こちらの商品は単品でのご購入はできません!Microsoft WinXP Home SP2 JPOEMというのもありました。13,800円(税込)です。

タイトル通りですが、メモリではなく2,000円程度のFDDなどと組み合わせることができますので、さらに安くなる可能性もありますね。ちなみに送料は全国一律で777円でした。

MacでWindows XPを使う際の参考にしてください。